女性用性感マッサージは何時間コースがオススメ?開始時間・終了時間のタイミングは?

女性用風俗や女性用性感マッサージでは予約する際にコースの時間を選択する形になっています。

初心者の方の疑問として、何分コースがいいんだろう?時間の開始はどのタイミング?ホテルは先に入っておいた方がいい等の疑問が色々と出てくると思います。

このコラムでは女性用風俗や女性用性感マッサージのおすすめの利用時間、利用時の注意点について書いています。

目次

女性用風俗のコース時間は何故長めなのか?

男性が通う風俗店では短いコースだと15分~といったお店もありますが、女性用風俗店ではほとんどのお店が60分~という時間設定になっています。

男性はささっと射精出来れば満足という人も少なくないのですが、女性はただ肉体的にイクだけというよりは精神的に満たされたいという利用目的が大きいので時間が長くなる傾向にあります。

他にも例えばこんな理由があります。

  • ユーザーの母数が少ないので客単価を上げるため
  • 女性の興奮が高まるのに時間がかかるため
  • あくまでマッサージが基本サービスなため

女性用風俗の標準的なコース時間

女性用風俗の標準的な利用時間としては2時間か3時間利用の方が多いと思います。2時間や3時間でも意外とあっという間です。

出張ホスト店になると、1日全ての予約時間を確保する貸切りや、セラピストと一緒に旅行に出かけることができるトラベル等の超長時間コースも人気です。

女性用風俗のコース開始時間と終了時間

コース開始のタイミングと終了のタイミングは、お店によって異なるので各サイトのQ&Aや利用ガイドを確認しましょう。
特に記載が無ければ会ってから別れるまでがコース時間になると思います。

他にもバリエーションとしては、

コース開始のタイミング

  • シャワーが終わってから
  • シャワーに入ったタイミング
  • 身体に触れた瞬間から

コース終了のタイミング

  • 施術が終了する時間
  • 部屋を出る時間
  • 別れる時間

等様々なパターンが存在します。

ホテル先入りと待ち合わせの使い分け

女性用風俗の待ち合わせ方法としては、ホテル先入りと待ち合わせタイプという主に2種類のパターンが存在します。

お店の利用時間の開始タイミングがセラピストと会ってからという設計だと、ホテル先入りがおすすめです。

女性用風俗のタダ延問題

実は一部の女性用風俗店ではタダで延長する、通称タダ延という行為が当たり前のようになっているお店やセラピストが存在します。なので最初は短めのコースから入ってみるといいかもしれません。

女性用風俗利用時の時間の注意点

SNS(twitter)でよく話題になる女性用風俗の利用時間に関する注意点、トラブルのベスト3をピックアップしてみました。

  1. 新人セラピストの時間管理ミス
  2. 出張ホスト系の延長ありきの時間配分
  3. セラピストの時短行為 

まずセラピスト歴が浅い場合、時間管理がきちんとできないことが多いです。タイマーを持ってくればいいのに、タイマーは失礼に当たると思っているのか使わずに時間が過ぎてホテルの延長料金が発生してしまったというのがよくある話です。

また、最近特に増えているのが出張ホスト系の延長ありきの時間配分問題です。出張ホスト系のお店ではポイントによってランキングが決まっていて、延長させると高ポイントを獲得することができる仕組みになっているという背景も関係しているようです。延長ありきの時間配分にされたという不満の声が噴出しています。

セラピストの時短行為もよくある問題です。遅刻する、早めに切り上げる、トイレに篭る、シャワーの時間がやたら長い、雑談ばかりして性感施術を全くしない等。

無料の女性用性感マッサージでおすすめの利用時間

無料の性感マッサージでは特に時間は気にしなくてもいいので前述した事情は全て無視して大丈夫です。

利用時間はだいたい2時間~4時間くらいがおすすめです。

というのも、

性感開発には時間の余裕が重要

だからです。

じっくりと焦らして興奮を高めることでイキやすい身体や心の状態が整いやすくなるのと、時間を気にしてしまっていると集中できなくなり興奮が下がってしまうので、時間に余裕を持って利用することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Orgasm Lifeでは無料で女性向けの性感オイルマッサージや性感開発のサービスを提供しています。よろしければご利用お待ちしております。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元女風セラピストです。女性用風俗業界の過酷な労働環境と搾取構造に不満が募り引退。より多くの女性に癒しと幸せを提供するためにOrgasm Lifeを設立しました。

目次