女性用性感マッサージの利用場所で自宅やビジネスホテルをオススメしない理由

女性用性感マッサージを受けるにあたっての疑問の一つとして、どこで受けるのがいいのか?というものがあります。

女性用風俗では地方から来る方も多いのでビジネスホテルやシティホテル等の宿泊先に呼ばれることも少なくありません。

女性用風俗や女性用性感マッサージでは基本的にはホテル代は女性負担になるので特にこだわりが無ければ安く済ませられるに越したことは無いと思います。しかし、ビジネスホテルやシティホテルは実は様々な理由によりあまりオススメできません。

このコラムでは自宅やビジネスホテル、その他施術場所がオススメできない理由と結局ラブホテルがオススメな理由について、メリットとデメリットを交えて書いています。

目次

女性用性感マッサージを受ける場所一覧

  • 自宅
  • ビジネスホテル
  • シティホテル
  • レンタルルーム
  • 相手の施術部屋
  • ラブホテル

性感マッサージの施術場所で選択肢として候補にあがるのは主にこんなところだと思います。

自宅利用をオススメしない理由

メリット

まずメリットです。

  • お金がかからない
  • 移動しなくていいので楽

自宅に呼ぶ一番のメリットは楽なことだと思います。変に緊張せずに落ち着けるからという方もいます。

余計なお世話かもしれませんが、自宅に呼ぶ人はめんどくさがりな性格なのか部屋が汚かったり散らかっていたりすることも多いです。最低限綺麗に掃除はしておきましょう。

デメリット

次にデメリットです。上にあげた選択肢の中で特にデメリットが多いです。

  • 声が漏れないか気になる
  • 日常感があり興奮を高めにくい
  • バスタオル等を持ってこない人もいる
  • ベッドがオイルで汚れる可能性がある
  • 個人情報が洩れる

一番のデメリットは個人情報が漏れることです。セラピストがストーカー化してしまうというリスクも付きまといます。女性用風俗店だとそういったリスクは低いですが、無料の女性用性感マッサージを利用する場合は自宅へ呼ぶのはやめた方がいいでしょう。

オイルも水溶性のマッサージオイルを使っていれば選択すればある程度落ちますが、非水溶性のオイルだとシーツやタオル、衣類についてしまうと洗濯してもほとんど落ちません。

ビジネスホテルをオススメしない理由

メリット

  • ホテル代を節約できる
  • 人の目が気にならない

地方からの出張や旅行のついでに利用するといった場合、泊まっているホテルに呼ぶ形になるので余計なホテル代が節約できます。

また、ラブホテルに入るのが恥ずかしい、ラブホテルの雰囲気が苦手、ラブホテルに入るところを人に見られたくないといった方は特にビジネスホテルやシティホテルを使いたがる傾向にあります。

デメリット

  • フロントで止められることがある
  • 2人分の料金がかかることがある
  • エアコン温度の調節がしづらい
  • 壁が薄く声が漏れやすい

ビジネスホテルは基本的には予約した人数しか部屋に滞在することはできません。男性用風俗でもデリヘルをホテルに呼ぶのは暗黙の了解だったり、こっそり呼んでいる形になります。

ビジネスホテルによってはフロントの前を通らないといけない作りだったりするので事前に確認をしておきましょう。

泊っているビジネスホテルに呼べるかどうかは以下のホームページが参考になります。

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

ビジネスホテルをおすすめしない一番の理由は、空調がしづらいことです。空調が中央管理で部屋ごとにこまめに調節できないところが多く、寒い部屋で性感マッサージを受けることになってしまいます。

部屋が適温に設定できないと興奮も高まりにくく性感マッサージを十分楽しむことができなくなります。

シティホテルをお勧めしない理由

メリット

  • ホテル代を節約できる
  • 人の目が気にならない
  • 高級感や非日常感を味わえる

メリットはビジネスホテルと似ています。

女性用性感マッサージは普段頑張っている自分へのご褒美として利用する方も多く、特別な日は特別な場所でということで少し高めのシティホテルや高級寄りのラブホテルを利用されることもあります。

デメリット

  • フロントで止められることがある
  • 2人分の料金がかかることがある
  • エアコン温度の調節がしづらい
  • ドアの隙間から声が漏れやすい

デメリットもビジネスホテルとほぼ同じです。ビジネスホテルよりはフロントで止められることは少ないですが、まれにあります。

シティホテルは価格帯がピンキリですが、一番高い部屋でも空調がしづらいこともあります。

レンタルルームをオススメしない理由

メリット

  • 格安

とにかく安い意外にメリットはありません。

レンタルルームとは別に最近はレンタルスペースも増えてきていますが、レンタルスペースでは性的な行為は禁止されていて監視カメラも設置されているので性感マッサージには向きません。

デメリット

  • 部屋のランクが低い
  • タバコくさいことが多い
  • 長時間滞在できない
  • ベッドが狭い

レンタルルームや格安ラブホは価格相応にぼろかったり、汚かったり、臭いが気になるところが多いです。なぜかヘビースモーカーの利用が多くタバコのにおいがきつく残っていることが多かったです。

あくまで簡易的な施設なのでベッドも狭く、もちろん部屋も狭いです。

短時間でガンガン回転させるビジネスモデルなので基本的には休憩で長時間滞在はできません。

相手の施術部屋をオススメしない理由

メリット

  • 場所代がかからない

相手が所有している施術ルームやヤリ部屋なので基本的にはお金がかかりません。

デメリット

  • 違法風俗店の可能性
  • 盗撮リスク
  • 非衛生的

今ある女性用風俗店は全てデリヘル型(出張型)なので、店舗型で有料で行っている性感マッサージ店は全て違法風俗店です。

無料で行っている女性用性感マッサージの場合は、自分の部屋へ呼んでも違法ではありませんが、隠しカメラが設置し放題なので盗撮リスクが大きいです。

また、シーツを変えていなかったりガウンを使いまわしていたりと衛生的ではありません。

結局ラブホテルがオススメな理由

メリット

  • 声を出すのが気にならない
  • 非日常感があり興奮を高めやすい
  • お風呂が広く二人で入れる
  • 部屋の値段やランクが幅広い
  • 室温の管理がしやすい

やはり性感マッサージを受けるならラブホテルが一番適しています。

デメリット

  • 人の目が気になる

ラブホテルのデメリットとしては出入りの時に人の目が気になるということですが、一応ホテルの先入りもできます。

ホテル先入りとは、女性が先に一人でホテルに入り、部屋番号をセラピストに連絡、セラピストはフロントで部屋番号を伝えてお伺いするというシステムのことです。女性用風俗では一般的です。

性感マッサージの利用場所まとめ

いかがでしたでしょうか?

Orgasm Life ではホテル代も男性負担で完全無料の女性用性感マッサージや性感開発を行っているので、各セラピストがオススメのラブホテルにご案内いたします。

よろしければご利用お待ちしております。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元女風セラピストです。女性用風俗業界の過酷な労働環境と搾取構造に不満が募り引退。より多くの女性に癒しと幸せを提供するためにOrgasm Lifeを設立しました。

目次